日本の住宅
問題の現況

知っていますか?
日本の住宅問題の現況

Natulife Homes|日本の住宅問題の現況

WHOは冬の室温は18℃以上と勧告しています
(日本の住宅の9割が冬の室温18℃未満)

Natulife Homes|日本の住宅問題の現況

今、脱炭素社会に向けて住宅の省エネ性能向上が急務となっています。それに伴いこれから住宅の断熱性能の基準も年々上がっていき、断熱等級4以上が2025年4月から義務化。さらに2030年4月断熱性能5が義務化され、それに満たない断熱性能の家は建築不可になります。
日本の住宅について、①行政の動向は?②寒すぎて病気に⁈③暑すぎて熱中症に⁈④断熱性能が低いと光熱費がかかる⁈⑤日本と海外の違いとは?⑥断熱性能を高めるには?⑦これからどうなる?…この7つの項目にわけて、日本の住宅のおかれている現況とこれからの家づくりについてご説明します。これから家づくりをお考えの方にまず知ってほしい内容です。

Natulife Homes|日本の住宅問題の現況
Natulife Homes|性能が持続する住まい
Natulife Homes|こだわりの厳選素材
Natulife Homes|設計デザイン
Natulife Homes|土地探し
Natulife Homes|保証・アフターフォロー